実際にどんなイラストに需要があるのか調べる方法

ストックイラスト、どんなイラストが需要があるのか調べる方法

PIXTAやイラストACなどのストックフォト(イラスト)用のイラストを作る時、具体的にどのようなイラスト素材を作ればいいのか、私も最初の頃はまったく分からずに悩んでいました。

例えば「猫 足跡」というキーワードでイラストを描こうとしたとします。

どんな色がいいのだろう?

どんな形がいいのだろう?

足跡をどこに配置したらいいのだろう?

どんな画風/タッチが好まれるのだろう?

 

イラストが実際に使われているデザインが参考になる

イラスト素材サイト内の人気のイラストを見て練習する事ももちろん意味があると思います。

ですが「まだイラスト素材サイト内には存在していない、需要があるイラスト」を見つける事はできません。

「まだイラスト素材サイトには存在していない、需要があるイラスト」を、ネットを使って比較的簡単に探せる方法を考えました。

それは「イラストが実際に使われているデザインを参考にする」事です。

  1. Google関連画像検索
  2. Pinterest(ピンタレスト)
  3. Google画像検索

この3つの方法で、イラストが使われているデザインをネット上から探してみます。

 

1.Googleで関連画像を検索する方法

Googleで、イラストを使っていそうなデザインを検索する方法です。

キーワードを工夫することで素早く見つけられます。

イラストを利用しているデザインを探せるキーワードで検索します。

(「チラシ」「ポスター」「バナー」「広告」「DM」「WEBデザイン」「ビラ」「フライヤー」など)

実例

 

猫の足跡のイラストを使っているデザインを探します。

まずGoogleの画像検索で「猫 チラシ」と検索してみます。猫を探してます系の画像ばかり出てきてしまったので、他のキーワードで検索しなおします。

 

 

「猫 ショップ チラシ」「猫 グッズ チラシ」「猫 フライヤー」「猫 バナー」「猫 WEBサイト」などの検索で見つけた画像が以下です。

 

デザインの中に、参考になりそうな猫の足跡のイラストを見つけられました。

 

 

2.ピンタレストで探す方法

Googleと同じように、ピンタレストでも関連画像からイラストを探せます。

実例

「猫 チラシ」「猫カフェ チラシ」「猫 足跡 デザイン」「猫 フライヤー」「猫 ウォールステッカー」などで探したところ、以下のような画像を見つけました。

 

 

3.画像検索で探す方法

Googleの関連画像検索は、キーワードを元に探すことができました。

そしてGoogle画像検索は、特定のイラストや画像がどのように使われているのかを知ることができます。

実例

 

GoogleChromeをお使いのパソコン向けの探し方です。

スマホや他のブラウザをご利用の場合は以下のページをご参照ください。

 

参考 画像を使用して画像を検索Google検索ヘルプ

↑ここで紹介する以外の画像を使った検索方法についても、詳細にかかれています。

 

Google画像検索で「猫 足跡 イラスト」と検索します。表示されたイラストの中から気になるものを1つ選び、右クリックし「Googleで画像を検索」をクリックします。

 

この時、できるだけ素材サイトの透かし文字が入っていないものを選んでください。透かし文字入りの画像で検索すると、素材サイトのデータしか表示されないことがあるからです。

検索結果の中から、イラストを利用していそうなデザインがあればクリックします。

 

 

今回のイラストからは以下のような、イラストを利用したデザインを見つけられました。

 

様々なイラストがどのように使われているのか探してみる

Google関連画像検索・ピンタレスト・Google画像検索の3つの方法を使って、他にもイラストが利用されたデザインを探してみました。

「福助」のイラストが使われているデザインを探す

Googleで「福助 チラシ」「福助 夏祭り」「福助 デザイン」など検索すると、以下のデザインが見つかります。

 

 

画像を検索していて、福助のイラストはお年玉袋によく描かれているのだと知りました。試しに「福助 お年玉」と検索すると、福助が利用されているデザインがたくさん見つかります。

 

次はピンタレストで「福助 デザイン」と検索して、以下のようなイラストを発見。

 

 

Google検索とピンタレストでは参考になるデザインが少なくこれ以上は時間がかかりそうだったので、画像検索でも探してみます。

 

「福助 イラスト」と検索し、透かし文字が入っていないイラストの上で右クリックをし「Googleで画像を検索」をクリックで探します。

以下のような画像を見つけられました。

 

 

「モリンガ」のイラストが使われているデザインを探す

モリンガとはスーパーフードの1種です。関連サプリや商品が販売されていますので、まずはランディングページや商品パッケージを探してみます。

Googleで「モリンガ サプリ」と検索します。イラストが利用されたパッケージデザインが見つかりました。

 

次は、表示された画像の中からランディングページの一部らしき画像を開いていきます。

 

2つのランディングページを見つけました。(クリックで拡大します)

 

 

 

 

画像の部分も、イラスト制作の参考になりそうですね。

 

 

ピンタレストでも「モリンガ」と検索するだけで数多くのパッケージデザインを見つけることができました。

Google関連画像検索とピンタレストでの検索だけで十分参考になるデザインを見つけられたので、画像検索まではしなくて大丈夫そうです。

 

あなたもぜひ、「Google関連画像検索」「ピンタレスト」「Google画像検索」を上手に使って、参考になるデザインをたくさん見つけてみてください。

 

トレース・コピーは絶対にしない

ここまで、イラストが使われているデザインの探し方をお伝えしました。

ほとんどの方は大丈夫かと思いますが、万一間違った知識をお持ちの方がいらした時のために「イラスト関連の違反行為」についてお伝えします。

他人の制作物をトレース・模倣したイラストを素材として投稿する事は禁止されています。

PIXTA のガイドラインにも以下のように明記されています。

自分以外の第三者が著作権を持つ画像や映像を元に制作した素材を許可なく販売すると、著作権の侵害にあたる可能性があります。特に、模倣やトレース行為は固くお断りいたします。オリジナリティのある作品を登録してください。

PIXTA  販売素材ガイドライン

どこまでが模倣の範囲なのか分からない場合は、「著作権で迷った時に開く本 Q&A イラストレーターのための法律相談」という書籍の第2章が分かりやすくおすすめです。

真似するのではなく参考にして、あなたならではの新しいイラストを作るようにしてください。

 

 

頭の中で考えるだけでは限界がある

以上「実際にどんなイラストに需要があるのか調べる方法」でした。

私はキーワードやデータを調べるのは得意なのですが、肝心のイラストは経歴も短くスキルレベルも描く速度もまだまだです。

なので穴場キーワードを見つけられても、実際にイラストを作る作業になると手が止まりがちでした。

でも今になって思い返すと手が止まってしまうのも無理なくて、なぜなら「どんなイラストが需要があるのかを見た事がなくて知らなかったからです。

自分で考えたオリジナルのアイデアにこだわるのは、他の使いやすいイラストを参考にして、知識を増やした後でも遅くないのかなと思います。

これも守破離ってやつですね。

 

検索についてもっと知りたい時

検索のスキルを上げると知りたい情報に素早くたどり着け時短できるようになります。

逆に検索能力が低いと、

  • 知りたい情報にたどり着けず諦めてしまう
  • 調べるだけで時間が過ぎる

こんなデメリットもあります。

例えばですが私の夫はネットに疎くて、知りたい情報を見つけられずに終わる事がよくあるようです。私が5秒で探せる情報が、夫が探すと5分経っても「なんでそうなった」という謎のサイトを開いていたりします。

検索についてさらに詳しく書かれているサイト様へのリンクをいくつか貼っておきます。

参考 Google検索ヘルプGoogle 参考 Google検索の便利な使い方に関連画像検索が追加されてたカグア! 参考 【Google検索方法のコツ】情報収集スキルを磨く完全ガイド36手法!ビジネスのためのWeb活用術。 参考 企画材料の収集がはかどる!Google検索テクニック7選印刷会社ugo/ユーゴ

 

 

私が知らないだけで、もっと他にも「どんなイラストに需要があるか調べる方法」はあるかもしれません。

また新しい事を知った時は追記していきます!