お手軽10分調査:既存のイラストを再利用したい

穴場キーワードを探す手順を応用すれば、過去に作成したイラストを再利用して短時間で需要のあるイラストを効率的に増やすことも可能です。

例として「リラックスする女性のイラスト」を再利用できる穴場キーワードを探してみます。

その1 イラストから連想する単語を考える

既存のイラストを見て、連想する単語を1つ考えます。

ストックイラストサイトに投稿された時の、タグから探していただいても大丈夫です。

実例)「リラックス」

 

その2 関連語を探す

キーワードプランナーで新しい関連キーワードを見つけます。

キーワードプランナーの新しいキーワードを見つけるページを開き、イラストから連想するキーワードで検索します。

 

 

 

元のイラストを再利用できそうなキーワードを探します。数個見つけられたら次に進んでいただいて大丈夫です。

実例では4個のキーワードを見つけました。忘れそうな場合は手書きでメモを取るか、evernote等のテキストエディダに控えます。

 

キーワードプランナーで見つけられない時は?

キーワードプランナーで新しいキーワードを見つけられなかった場合は、連想類語辞典で類語を探します。

連想類語辞典でもデータが表示されない場合は、ネットで「とは検索」をして探してください。

 

その3 複合キーワードを一括取得

複合キーワードを一括取得できるツールで「 イラスト」と書き足して検索します。
「アロマ イラスト」の複合キーワードを36件、

 

 

「香り イラスト」の複合キーワードを12件、

 

 

「癒し イラスト」の複合キーワードを63件、

 

 

「リフレッシュ イラスト」の複合キーワードを7件

 

合計118件の複合キーワードを見つける事ができました。

 

その4 キーワードプランナーで需要順に並び替え

キーワードプランナーで複合キーワードの検索ボリュームを調べます。

見つけた複合キーワード全てをまとめて確認します。

 

 

 

 

需要があり、尚且つイラストを再利用できそうなキーワードを見つけられました。

 

この段階で見つけられなかった場合は、前の作業に戻り別の関連語を探し直してください。

 

その5 供給を調べる

イラストを投稿したい素材サイト内で検索して、既存のイラスト件数をスプレットシートの「需要と供給調査済みキーワード」のシートに控えます。

実例では「アロマ ディフューザー」のイラストがイラストACPIXTA で不足している事が分かりました。(無料サイトと有料サイトに同じイラストを投稿するとトラブルの原因になりますのでご注意ください)

 

アロマディフューザー単体のイラストも既存イラスト件数が少ないので、穴場キーワードと言えます。

 

 

さらに過去のイラストと組み合わせ、再利用したイラストを投稿できます。

 

 

 

 

 

おまけ キーワードをさらに深堀

需要の数が大きいキーワードを見つけられた場合、そのキーワードを元に新たなキーワードを探すこともできます。

実例では「アロマ」というキーワードが需要の数が大きい事が分かりました。そこで、アロマに関連するキーワードを新たに探します。

キーワードプランナーの「新しいキーワードを見つける」を開き、アロマと入力します。

 

 

 

 

元のイラストを再利用できそうなキーワードが新たに見つかりました。このキーワードをメインにし複合キーワードを探し需要・供給を調べれば、新たな穴場キーワードを発見できます。

 

 

 

以上、イラストを再利用できる穴場キーワードを探す10分調査方法でした。