「守破離」であなたに合ったキーワード調査術を手に入れる

守破離の考え方

突然ですが、あなたは守破離という言葉をご存知ですか?

芸術や武芸などで、学びの姿勢を表す言葉とされています。

「守(しゅ)」‥‥基本を守る
「破(は)」 ‥‥基本を打ち破る
「離(り)」 ‥‥基本から離れる

 

もとは千利休の訓をまとめた「利休道歌」の一つにある、「規矩作法 守り尽くして破るとも離るるとても本を忘るな」を引用したものとされている。

引用元:ウィキペディア

 

最初は真似して基本を覚え、基本を覚えたらアレンジをして、最後に自分流を確立する。

イラストも、上手な人の真似から始めると上達が早いですよね。キーワードの調査も同じです。

需要のあるキーワードのリサーチも「守破離」が大事

「守」最初は書かれている通りに実践して、基本を覚えましょう。

需要って具体的にどういう事?

知らない言葉は全部覚えた方がいいのだろうか?

自分のやり方は間違っているかもしれない

何が分からないのかも分からない

キーワード調査に慣れない間は、様々な疑問や不安を感じられるかもしれません。

ですが分からない事を頭で考えるよりも、手を動かして何度か経験を重ねる事で自然と知識は増えていきます。

「調査」と聞くと難しそうだと身構えてしまうかもしれませんが、具体的にあなたがやる事はとてもシンプルで、そう複雑ではありません。

あなたが途中で躓いてしまわないように、できるだけ分かりやすく簡潔にお伝えします。

肩の力を抜いて、まずは何度か実践して基本を覚えていきましょう。

 

「破」基本を覚えてから、自分流にアレンジ!

ここはこうしたほうが楽かも

実践していたら新しいアイデアを思いついたぞ

自分が知っている〇〇を使えばもっと効率的かも

このサイトに書いてある調査方法を一通り実践して基本を覚えたら、ぜひあなた流のアレンジをしてみてください。

実践する中で、あなたならではのいくつもの気づきが出てくるかと思います。

 

「離」あなた流の新しいキーワード調査方法を確立

気づいたら、自分流を確立できていた

試行錯誤を重ねてあなたにとって1番しっくりとくるキーワード調査方法を確立し、思い通りに需要のあるキーワードを探せる事を目指しましょう。