手順5 供給を調べる

ストックイラスト穴場キーワード調査の手順5

いよいよ最後の手順です。以前の手順までで、需要があるキーワードを見つけることができました。

ですが需要があるキーワードでも、既存のイラスト点数が多ければあなたのイラストが埋もれやすくなってしまいます。

供給を調べて、今から投稿してもキーワード検索で上位表示を目指せそうか確認します。

 

素材サイト内で検索して供給をチェックする

イラストを投稿したいと考えている素材サイトを開きます。複数の素材サイトへの投稿を考えている場合は全て開いてください。

チェックするポイントは2つです。

  1. 供給は多すぎないか?
  2. 既存イラストの質は?勝てそうか?

それでは早速供給を調べていきましょう。

実例)

素材サイト内で検索して既存イラスト件数を調べます。

 

件数が多くて全てを調べる事が負担に感じる場合は、あなたが「描きたい」と思うキーワードについてだけ調べてください。あなたの目的はこの表を埋める事ではなくイラスト素材を作成し投稿する事ですので、描く気にならないキーワードは飛ばして大丈夫です。

 

↓例えば私の場合は「かっこいい」「リアル」「男」関連のイラストはあまり得意ではないので、描きたいと思うキーワードについてだけ調べました。

 

 

チェックポイント1)供給(既存イラスト件数)は多すぎないか?

今現在投稿されているイラスト点数をチェックします。既存イラストが0件のキーワードが見つかれば、どんなイラストを投稿しても嫌でも目立ちます。

ですが「需要があるのに既存イラストが0件」のキーワードを見つけられる事は稀です。

そこで、検索結果の1ページ目に収まる範囲の件数かどうかを基準にして考えます。

例えば以下の素材サイトの1ページ目に表示される件数は以下です。

 

チェックポイント2)既存イラストのクオリティは?1位を目指せそうか?

既存のイラスト件数が1ページに収まらないほど多いキーワードの場合でもすぐには諦めずに、「質」をチェックします。

検索結果に表示されるイラストを見て、次のように感じるのであれば「供給は足りていない」と判断して穴場キーワードに選んでみていいと思います。

  • 「自分のほうが、イラストスキルが上」
  • 「自分のほうが、需要を理解したイラストを作れる」
  • 「自分のほうが、素材として使いやすいイラストを作れる」

例え既存イラストの点数が100件〜など多い場合でも、利用者が欲しがるイラストが少ないと思えたら、後から投稿したイラストでも1位を目指すことは無謀ではありません。

 

実例)

実例で調べたキーワードの中では赤くハイライトした部分が、今の時点で投稿すれば1ページ以内に表示されます。

 

1ページ目に表示されない件数のイラストについては、既存イラストの質をチェックします。

 

例えば今回調査した中では1番需要の数が多い「釣竿」のイラストを調べてみます。

イラストACで「釣竿」と検索した結果、釣竿単体だけのイラストは少ないという事が分かりました。

 

PIXTA で「釣竿」と検索した結果、釣竿単体のイラストが多数投稿されている事が分かります。また手書き、デフォルメ、リアルでハイクオリティ、リアルでベクターも有り、などバラエティも豊富です。今から投稿しても目立つ事は難しそうです。
私はこういった場合なら、穴場キーワードの候補に選ぶのは断念します。

 

Shutterstock は既存イラスト件数が2万件を超えており高難度です。1つ前の手順に戻り「釣竿 イラスト」の複合キーワードを調べれば、もしかしたら件数が少ない複合キーワードが見つかるかもしれません。

 

見つけた「穴場キーワード」の背景色を変更してリサーチ完了!

「供給が足りていない」と判断できるキーワードを見つけられたら「穴場キーワード」の発見は完了です。

「イラスト件数が少ない」または「既存イラストの質が低い」と判断した箇所については後から忘れてしまわないように、背景色などご自身で分かりやすいように変更すると便利です。

 

ちなみに背景色はこちらのマークをクリックで変更できます。

 

お疲れ様でした。

あとは穴場キーワードを使ってイラストを作成して投稿するのみです。

具体的にどんなイラストを作ればいいのか調べる方法

Google検索エンジンを意識したタイトルとタグの作り方

などの情報もまた追加しようと考えています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です