手順2 キーワードを発展させる

 

ストックイラスト穴場キーワード調査の手順2

手順1で見つけたキーワードを元にして、新しいキーワードを見つけていきます。

様々な方法で発展させる事に慣れると、数分で100個以上の新しいキーワードを見つけられる事もあります。

 

キーワードの発展について

制限時間を決めて集中して取り組もう!

キーワードの発展は、「10分間」など自分の中で制限時間を決めて取り組みましょう。時間を決めて取り組む事で集中力が増しますし、スピードアップさせる事ができます。

  • NG!なん十分もかけてだらだらと探す
  • OK!10分だけと決めて集中して探す

「リスと言えば小動物、小動物と言えばハムスター、ハムスターと言えばひまわりの種、ひまわりの種と言えば…」

このように新しいキーワードを発展させ続ければ、何百・何千と際限なく新しいキーワードを見つけられます。

終わり時を決めて、短時間で集中して、素早く大量の新しいキーワードを探していきましょう。

時間を決めて行動する事が苦手でしたら、タイマーで測るのもおすすめです。

 

「描きたいかどうか」で判断し深く考えない

このキーワードでならイラストを描いてみたい

という判断基準で選んでいただいて大丈夫です。

キーワードの需要があるかどうかは頭の中で悩まなくても、次の手順でツールを使って一括で調査できます。

 

 

発展方法例1 キーワードプランナーで関連キーワードを探す

練習でご紹介した方法です。

説明が重複するので割愛します。

 

発展方法例2 類語・同義語・関連語を探す

実例を見ながら実践

 

類語は以下のサイトから検索できます。

 

https://thesaurus.weblio.jp/

https://renso-ruigo.com/

見つけた類語で検索を繰り返すと、さらに新しい類語を見つけられる事もあります。

 

発展方法例3 マンダラートを使って探す

マンダラートとは?72個の新しいキーワードを見つけられる発想法です。

マンダラートは、発想法の一種。紙などに9つのマスを用意し、それを埋めていくという作業ルールを設けることにより、アイデアを整理・外化し、思考を深めていくことができる。

引用元:ウィキペディア

MEMO
見つけたキーワードを一括コピーできるマンダラートのシートを作りました。「ストックイラストキーワード調査 便利シート一覧(byかきうち)」の中に入っているので、よければお使いください。

オリジナルマンダラートシートの使い方

①元のシートを残す為に、シートをコピーします。シート名の上で右クリックをするとコピーを作れます。

 

②中心ブロックの中央に、手順1で見つけたキーワードを入力します。

 

③中央キーワード周辺の8マスに、中心キーワードから連想できる単語を考えて記入します。入力すると、外側にも自動でコピーされます。新しいキーワードの発掘が目的なので、思いつかず手が止まってしまう場合は本やネットで関連するものを調べて記入してください。

 

④外側の8ブロックでもそれぞれの中央のキーワードから連想するキーワードを記入します。72個全ての空白を埋めます。

 

⑤入力した72個のキーワードは、自動でマンダラートの下部に一覧化されます。選択してコピーします。

⑥「検索用キーワード一括取得」のシートを開きます。

 

⑦A列の空白部分をクリックし「特殊貼り付け」>「値のみ貼り付け」をクリックして完了です。

記入したマンダラートはもう利用しないので削除していただいて大丈夫です。

 

 

発展方法例4 「とは」検索で探す

ネットで「〇〇とは」と検索して、関連するキーワードを探す方法です。

実例)
google検索を開き「七福神とは」で検索します。検索結果の中から、詳細が書いてありそうなページをクリックして開きます。

 

 

文章の中から、新しいキーワードを見つける事ができました。

 

発展方法例5 悩み相談サイトで調べる

知恵袋などの相談サイト内で需要がありそうなキーワードで検索すると、新しいキーワードを見つけられる事もあります。

実例)「七福神」で検索

 

スプレットシートに記入し次の手順へ進む

見つけた新しいキーワードを、スプレットシートの「検索用キーワード一括取得」のA列に入力して次に進みます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です