穴場キーワードを探そう

「穴場キーワード」とは?

 

  • 検索される回数(需要)が多いのに、
  • 既存のイラスト(供給)が少ないまたは質が低い、
  • 今から投稿しても大勢の人の目に留まるキーワードの事

 

穴場キーワードの具体例(2018年12月現在の数字です)

キーワード ネットで検索される回数(月平均) イラストAC件数 PIXTA Shutterstock
釣竿 イラスト 480回 92件 554件 26,288件
天女 イラスト 260回 112件 69件 320件

 

そもそも「キーワード」とは?
素材サイト内で、利用者様が検索する言葉のことです。

 

「需要」と「供給」を考える

ストックイラストで安定的にダウンロードされ続けるには、イラストのスキル以外にも「需要と供給」を考えることが大事です。

  1. 毎月1,000回検索されるキーワードを意識して作った、簡単なイラスト
  2. 誰も検索されないキーワードで作った、ハイクオリティなイラスト

ダウンロードされやすいのは前者です。

どんなに描き込まれた素晴らしいイラストでも、欲しがる人が居なければ使ってもらえません。

また検索される回数が多いキーワードでも、既存イラストの数が多ければ埋もれてしまいます。

そこで、1番狙いたいのは「需要が多く供給が少ない穴場キーワード」です。

毎月一定回数検索されているのに、既存のイラスト件数が10件以下」など供給が足りていないキーワードは大量に存在します。

 

需要が多く供給が少なければ、簡単なイラストでもダウンロードされる

素材サイトごとで利用者層が異なるため一概には言えませんが、イラストACではこんな簡単なイラストでも毎日ダウンロードされています。

 

肉球のイラストは制作時間2分です。

キーワード調査にも時間が必要になってしまいますが、キーワードを調べずに闇雲にイラストを作るよりかは時短できます。

 

需要が多く供給が少なければ、JPEG・PNGだけでもダウンロードされる

活躍されているクリエイターさんを少し調べてみると分かりますが、JPEG・ PNGデータの投稿のみでも人気のイラストは数多く見受けられます。

AI・EPSなどのベクター素材を作れなくても、穴場キーワードを見つけられればダウンロード数は伸ばせます。

プロが使っているツールを覚えなきゃ無理…

素人が描いたイラストなんて使ってもらえるのか…

大丈夫です。素人の方が描いたような人間味のあるイラストを欲しがる人だっていらっしゃるはずです。

利用者はプロのデザイナーばかりではありません。

JPEGやPNGがよく分からない場合
AI・EPS・JPEG・PNGなど画像形式についてよく分からない場合は、ネットで調べると詳しく書かれたサイトがたくさん見つかります。「画像ファイル 種類」「PNG  JPEG とは」「AI EPS とは」などの検索キーワードで調べてみてください

JPEGやPNGのみでも人気のクリエイター様の例

私はIllustratorというツールを使っているので、私が「ベクター素材を作れなくても大丈夫」と言っても説得力に欠けてしまいます。

ですがJPEG・PNGデータの投稿のみで人気なクリエイターさんを何人か見てもらえば「今の自分のスキルで十分作れるかもしれない!」と感じるかと思います。

穴場キーワードを見つけて、あなたが1番得意な描き方で素材を制作されてください。

 

ストックイラストは飽和して稼ぎにくい?

ストックフォト・イラストは参加者が増え飽和しているため稼ぎにくい

という話を聞かれた事もあるかもしれません。ストックフォト・ストックイラストがテレビで特集されるなど、レベルの高いクリエイターが年々増えている事は事実かと思います。

ですがクリエイターが増えたからといって、そう簡単には飽和はしません。

  • イラストが極端に足りていない穴場キーワードは無数に存在する
  • 登録者が増えたとしても継続できる人はごくわずか

「飽和している」と聞いて不安にならなくても大丈夫です。

 

ストックイラスト攻略の難易度は低い

 

「ブログやサイトで稼ぐ事」に比べると、イラストストックの攻略は圧倒的に難易度が低いです。

大きな理由は2つあります。

  1. ライバルの人数が少ない
  2. 継続できる人が少ない
  3. キーワード調査も行う人はごく少数

 

ライバルの人数が少ない

ストックイラストで稼ぐには「利用者目線で、素材として使いやすいイラストを作れる」という力が必要です。

絵が上手という特殊な能力に加えて、利用者のことを考えて素材を作れる人はごく一部だと思います。

 

継続できる人が少ない

ストックイラストだけではないかもしれませんが、結果を出すまで諦めずに続けられる人は少ないです。

例えばイラストACでは、1日に2回ダウンロードされるだけで上位10%にランクインすることができてしまうようです。

つまり9割近くの人が、ほとんど稼げないまま諦めて離脱していると考えられます。

参照元:イラストレーター生存戦略「イラストACに170個イラストを投下して半年間放置した収益を公開!

使いやすいイラスト素材を作れて、なおかつ諦めずに継続できる人はほんの一握りです。

 

継続力を身につけたい人にオススメの書籍

 

「続ける」技術

 

私は言い訳を考える事が得意で、1つの事が続かない性格でした。

 

今でも弱い自分に負けてしまいそうになる事もありますが、継続力関連の書籍を何冊か見たおかげで「続けられなくて諦める」という事は減りました。

 

何冊か見た中で特に分かりやすかったのが石田淳さんの【「続ける」技術】という書籍です。

継続力に自信を持ちたい方におすすめです。

 

キーワード調査もできる人はさらに少ない

 

「イラスト素材を作れて、なおかつ継続する力がある人」という条件に加えて、「穴場キーワードの調査」を行なっているクリエイターは何人いらっしゃるでしょうか。

国内の人気素材サイト「イラストAC」「PIXTA 」で複数名のクリエイターさんの投稿を拝見して、キーワード調査までしているクリエイターさんはほとんどいないと感じました。(執筆時点2018年12月現在の感想です)

人気があるジャンルでも、少し視点を変えると既存イラストの件数が10件未満のキーワードがすぐに見つかります。

それだけ、イラストが不足しているキーワードを見つけられる人が少ないのだと思います。

 

使いやすいイラスト素材を作れて、

諦めずに続けられて、

キーワード調査まで行う人

この3つを達成できる人は少ないので、ストックイラストの難易度は低いと考えられます。